コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お茶の輸出

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

お茶の輸出

清水港でお茶の輸出が始まって今年で100年。お茶は戦前、絹と並んで外貨獲得の重要な輸出品だった。最も輸出量が多かったのは1917年で、3万102トンあった。戦後はめっきり減り、05年の緑茶の輸出は1096トンだった。17年ぶりに1千トン台を回復したものの、全国の荒茶生産量10万トンからすればごく一部だ。輸出先のトップは米国で、数量で32%を占める。

(2006-07-06 朝日新聞 朝刊 静岡全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

お茶の輸出の関連キーワード清水港

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android