コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お駒/才三郎 おこま/さいざぶろう

1件 の用語解説(お駒/才三郎の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

お駒/才三郎

江戸時代の浄瑠璃,歌舞伎登場人物。享保12(1727)年,材木商白子屋の娘お熊が,手代忠八,母常などと婿の殺害を謀り,死罪となった。お熊は引き回しのとき,白無垢の上に黄八丈の小袖を着て,首には水晶の数珠を掛けていたという。これを白子屋事件といった。このお熊をお駒と変えて主人公にしたのが,安永4(1775)年,江戸外記座上演の人形浄瑠璃恋娘昔八丈」である。才三郎(才三)はお駒の恋人で,荻原家の家老の息子であるが,お家の重宝詮議のため髪結いになっている人物として描かれている。その後,多くの歌舞伎や浄瑠璃の題材になり,河竹黙阿弥作「梅雨小袖昔八丈」(1873)は人気狂言である。

(近藤瑞男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

お駒/才三郎の関連キーワード歌舞伎浄瑠璃時平浄瑠璃看板床浄瑠璃重の井伊藤柳枝お駒・才三小糸・佐七小稲・半兵衛袖萩