コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かかし(案山子)

1件 の用語解説(かかし(案山子)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

かかし(案山子)

農作物を鳥や獣から守るため、わらや竹などで作った1本足の人形。笠をかぶっているのが基本形。イノシシの毛皮をいぶすなどして悪臭で鳥獣を追い払う「嗅(か)がし」が語源とされている。世相を反映したユニークかかしコンテストを開いている地域もある。中国では「茅草人」などと呼ばれ、世界各地で多種多様なかかしがある。

(2012-03-22 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かかし(案山子)の関連キーワード掩壕耕地特用作物農作農作物農舎やわらやわら餌食む朝採り

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone