コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かかと(踵) かかとheel

翻訳|heel

1件 の用語解説(かかと(踵)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かかと【かかと(踵) heel】

〈くびす〉〈きびす〉ともいう。足の裏の後部のことであるが,その境界ははっきりしてはいない。直立すると,体重はほとんどこの部分にかかる。内部には踵骨(しようこつ)があり,その表面は厚いじょうぶな皮膚でおおわれている。この皮膚は皮下脂肪層がとくに厚くて,緩衝用のクッションをなしている。表皮も全身のうちで最も厚い。藤田 恒太郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のかかと(踵)の言及

【足∥肢】より

…ときに大腿の下半前面をもひざという。 解剖学的意味での足は,かかとheel(踵(しよう)部),足背dorsum of the foot(足の甲),足底sole(足の裏),5本の指が区別される。また後述する足根骨ossa tarsiで支えられる部分を足根,中足骨で支えられる部分を中足という。…

【足∥肢】より

…ときに大腿の下半前面をもひざという。 解剖学的意味での足は,かかとheel(踵(しよう)部),足背dorsum of the foot(足の甲),足底sole(足の裏),5本の指が区別される。また後述する足根骨ossa tarsiで支えられる部分を足根,中足骨で支えられる部分を中足という。…

※「かかと(踵)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone