コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かかはゆし カカハユシ

デジタル大辞泉の解説

かかはゆ・し

[形ク]《「かがはゆし」とも》
まぶしい。
「迎ひ火の馳走過ぎて―・しと思へるにや」〈鶉衣・幽霊説〉
おもはゆい。てれくさい。また、はれがましい。
「―・き場に指(さ)し出でたる事、越度(をちど)なるかな、と赤面して」〈咄・醒睡笑・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android