コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かっし かっし

大辞林 第三版の解説

かっし

( 副 )
(多く「と」を伴って)堅い物がぶつかり合って発する激しい音を表す語。 「襟にさしたる如意を持、右手に-と請とめる/滑稽本・七偏人」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

かっしの関連キーワードミヤコショウビンアナバチック風コノハウミウシ野ざらし紀行ナシケンモン一世一元の制甲子[温泉]アカギツネサラサガジ宇田川道紀恬子内親王松永永種那波木庵足利義澄村上冬嶺ムギマキ松浦静山喝食行者甲子高原甲子温泉

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かっしの関連情報