コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かっぽう着

1件 の用語解説(かっぽう着の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

かっぽう着

炊事などで着物が汚れるのを防ぐために上から身につける作業着。明治期に日本で考案され、大正期に一般に広がったとされる。主に白い木綿製で、長袖、ひざ下程度の丈が多い。1932(昭和7)年、軍国主義下の婦人団体大日本国防婦人会」の制服に採用された。最近は色や柄、短めの丈のものなど多彩なデザインがある。

(2014-04-05 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かっぽう着の関連キーワード床固め割烹着鯉口助柱垢取り上覆い掛襟スヌード土留涎掛

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

かっぽう着の関連情報