コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かっぽう着

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

かっぽう着

炊事などで着物が汚れるのを防ぐために上から身につける作業着。明治期に日本で考案され、大正期に一般に広がったとされる。主に白い木綿製で、長袖、ひざ下程度のが多い。1932(昭和7)年、軍国主義下の婦人団体大日本国防婦人会」の制服に採用された。最近は色や柄、短めの丈のものなど多彩なデザインがある。

(2014-04-05 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

かっぽう着の関連キーワード炊事

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かっぽう着の関連情報