コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かばち かばち

大辞林 第三版の解説

かばち

〔「輔・頷」などと書く〕 上下のあごの骨。かまち。 〔新撰字鏡〕
〔西日本方言〕 生意気な口をきくこと。口達者なこと。また、その人。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

かばちの関連キーワード阿高・黒橋貝塚でっかちないチョウ(蝶)伸るか反るかでかばちない井戸尻遺跡櫛目文土器奥縞・奥島二つに一つ埒を明ける縄文文化新撰字鏡白浜遺跡若葉町白樺町大芝居博打

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かばちの関連情報