コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かんぴょう(干瓢) かんぴょう

1件 の用語解説(かんぴょう(干瓢)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かんぴょう【かんぴょう(干瓢)】

ユウガオの果肉をテープ状に薄く細長くむいて乾燥したもの。いつごろから作られるようになったかは明らかでないが,《下学集》(1444)あたりから名を見るようになる。《和漢三才図会》(1712)には河内,摂津が産地として挙げられているが,現在では栃木県が主産地である。乳白色で甘い特有の香りがあり,やや厚手で幅のひろいものが良品で,あえ物,汁の実などにするが,とくに煮物がよい。ほかに昆布巻や八幡巻,あるいは稲荷ずしなどに結びひもとして使われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のかんぴょう(干瓢)の言及

【ウリ(瓜)】より

…種皮は堅く,野生種では果実が動物に食べられることによって散布される。
[ウリ類の利用]
 果実をそのままサラダ,漬物,煮物などにしたり,ユウガオ(ユウガオの果肉を細長く切って乾燥させたかんぴょう)やメロン,キュウリの果肉を乾燥して食用にするという野菜としての利用と,可食部の80~90%を占める甘い果肉や果汁を賞味する果物としての利用が最も普通である。カボチャ類は,果肉にデンプンや糖が多量に蓄積されるため,アメリカ・インディアンは主食として利用していたが,果肉が主食として利用される例は特異で,他の植物群にはほとんど見られない。…

※「かんぴょう(干瓢)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone