コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かんべ むさし

1件 の用語解説(かんべ むさしの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

かんべ むさし

1948- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和23年1月16日生まれ。広告代理店に勤務。昭和50年「決戦・日本シリーズ」でみとめられ,作家生活にはいる。奇想天外な発想をナンセンスSFの短編にまとめる名手として知られ,61年「笑い宇宙の旅芸人」で日本SF大賞。石川県出身。関西学院大卒。本名は阪上順。作品はほかに「フタゴサウルスの襲来」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

かんべ むさしの関連キーワード赤江瀑藤原伊織三田誠広大藪春彦阿部陽一石和鷹稲見一良有為エンジェル川又千秋広瀬仁紀

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone