コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かんぽの宿問題

1件 の用語解説(かんぽの宿問題の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

かんぽの宿問題

全国に約70施設あるかんぽの宿はほぼ全施設に天然温泉が付いており、年間208万人が宿泊。収益事業ではなく宿泊・食事代を抑えた結果、客室の稼働率は70%を上回る人気を保つ一方、07年度は約40億円の赤字だった。オリックス不動産への売却対象となった、かんぽの宿と「ラフレさいたま」などの70施設と首都圏の社宅9物件の取得費は約2400億円。オリックス不動産への売却価格(109億円)は20分の1以下で、鳩山総務相だけでなく民主党など野党からも批判が集中していた。

(2009-02-06 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かんぽの宿問題の関連キーワードアルルカン巡洋戦艦かんぽの宿エンドリン完本てんぽの皮エルカンポイスモかんぽの宿売却問題グリーンキー知的障害児入所施設

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone