コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

か知らぬ かしらぬ

1件 の用語解説(か知らぬの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

かしらぬ【か知らぬ】

( 連語 )
〔係助詞「か」に、動詞「知る」の未然形「知ら」に打ち消しの助動詞「ぬ」が付いた「知らぬ」の付いたもの。近世江戸語〕
文中にある場合。下に接続助詞「が」が付いて、「…か知らないけれども」の意を表す。 「其様そんなめにお遇ひなすつた-が、越後の雪ときたら/滑稽本・浮世風呂 4
文末にある場合。疑いや問いかけの意を表す。…だろうか。 「なんと本材木町の金貸しはどうだらうな、もう貸すめい-/洒落本・妓者呼子鳥」 〔から終助詞「かしらん」「かしら」が生じた〕 → かしらん(副助・終助)かしら(副助・終助)

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

か知らぬの関連情報