コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

がまの穂病(フェスク)

1件 の用語解説(がまの穂病(フェスク)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

がまの穂病(フェスク)

1994年に栃木県のチューイングフェスクで発生が報告された糸状菌病。チモシーがまの穂病と同様に、春の終わりに止葉周辺の葉鞘を巻くようにして、がまの穂状に長さ1ー3cmの白色菌叢が形成される。この表面には多数の分生子が形成される。発病した個体では出穂が阻害される。現在のところ有性世代は見つかっておらず、発生生態もよく分からない。病原菌は植物体内で共生するいわゆるエンドファイトであり、家畜毒性物質及び耐虫性物質等の産生が予想される。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がまの穂病(フェスク)の関連キーワードチューインガムニューイングランドボーイングソーイングパブリックビューイングビジティングフェロービューイング座標系プレーイングサーフェスヨーイング (yawing)フェスク中毒

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone