コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

がんもどき(医学) がんもどき

百科事典マイペディアの解説

がんもどき(医学)【がんもどき】

(がん)細胞と似た形をしながら,じつは本当の癌ではなく,転移をしない病変のこと。1996年に発行された《患者よ,癌と闘うな》の著者・近藤誠(慶応大学医学部放射線科講師)が同書のなかでこの理論を展開した。
→関連項目上皮内癌

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

がんもどき(医学)の関連キーワードCTスキャンヘリカルCTバイオプシー転移(医学)細胞診

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android