きっしり(読み)キッシリ

デジタル大辞泉の解説

きっしり

[副]
物事がぴったりと合うさま。きっちり。しっくり。
「輿(こし)は―と旨(うま)く馬車の中に納った」〈漱石・思ひ出す事など〉
ぎっしり」に同じ。
「その外は―人で詰まっている」〈鴎外灰燼

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きっしり

[1] 〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 物がよく適合するさまを表わす語。きっちり。しっくり。きしり
※絅斎先生敬斎箴講義(17C末‐18C初)「威儀容貌そろうて、きっしりと立て」
※思ひ出す事など(1910‐11)〈夏目漱石〉三二「輿はきっしりと旨く馬車の中に納った」
② 心に強くひびくさまを表わす語。
※浮世草子・傾城禁短気(1711)三「おもはくらしう、顋(おとがい)を襟の中へさしこみし粧ひ、三ぶが魂へきっしりと徹(こた)へ」
③ すきまなくつまっているさまを表わす語。ぎっしり。〔詞葉新雅(1792)〕
※灰燼(1911‐12)〈森鴎外〉一「その外はきっしり人で詰まってゐる」
[2] 〘名〙 心と心とがしっくりと通じ合った仲、また、その人。情人。安永から天保にかけての語。
※滑稽本・大平楽国字解(1776)三「おまへもよいきっしりをこしらへて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android