コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

きりん座(麒麟座) きりんざ Camelopardalis

1件 の用語解説(きりん座(麒麟座)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きりんざ【きりん座(麒麟座) Camelopardalis】

略号はCam。北極に近い周極星座。北極星ぎょしゃ座の間の広い天域を占めるが輝星はない。17世紀の初めにバルチウスの出版した星図に初めて現れた。これは首の長い動物ジラフを意味する。散開星団NGC1502,渦巻銀河NGC2403などがある。概略位置は赤経5h40m,赤緯+70゜。午後8時の南中は2月上旬である。【石田 五郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

きりん座(麒麟座)の関連キーワード周極星北辰北極圏北極星極星麒麟座小熊座紫微星太一星天極

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone