コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

きりん座(麒麟座) きりんざCamelopardalis

世界大百科事典 第2版の解説

きりんざ【きりん座(麒麟座) Camelopardalis】

略号はCam。北極に近い周極星座。北極星とぎょしゃ座の間の広い天域を占めるが輝星はない。17世紀の初めにバルチウスの出版した星図に初めて現れた。これは首の長い動物ジラフを意味する。散開星団NGC1502,渦巻銀河NGC2403などがある。概略位置は赤経5h40m,赤緯+70゜。午後8時の南中は2月上旬である。【石田 五郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

きりん座(麒麟座)の関連キーワードケンブリッジ大学炭酸同化CAD/CAMCAD/CAM光合成効率光合成エンジニアリングワークステーションCAD下枝愛熊乃あい

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android