コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぎふ清流国体・大会

1件 の用語解説(ぎふ清流国体・大会の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ぎふ清流国体・大会

国体は9月下旬から11日間、全国障害者スポーツ大会「ぎふ清流大会」は10月中旬から3日間、県内と愛知県で開催された。両大会あわせて開会式、閉会式、競技会に約100万人が参加した。ロンドン五輪の代表選手は107人がエントリー。会期前に実施された競泳少年男子A200メートル平泳ぎでは鹿児島県の高校3年生、山口観弘選手が、従来の記録を0秒27上回る2分7秒01の世界新記録を樹立した。大会期間中には、延べ約2万3千人のボランティアが運営に携わった。一方、県と市町村が負担した費用は計約256億円に上る見通し

(2012-12-27 朝日新聞 朝刊 岐阜全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ぎふ清流国体・大会の関連情報