コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぎょしゃ座(馭者座) ぎょしゃざ Auriga

翻訳|Auriga

1件 の用語解説(ぎょしゃ座(馭者座)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょしゃざ【ぎょしゃ座(馭者座) Auriga】

略号はAur天の川沿いの北天の星座。平たい五辺形を作るこの星座は,アテナイ王エリクトニオスの姿を描いている。生まれつき足が不自由で,4頭立ての戦車を発明し自在に走り回ったという。α星カペラは雌ヤギという意味で,彼の腕に抱かれた姿が描かれる。ε星は周期27.1年の長周期食連星で,その主星は直径が太陽の数十倍もある巨星である。伴星も太陽の二十数倍の質量をもつが,スペクトル観測からその直径はかなり小さく,高密度の星と考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ぎょしゃ座(馭者座)の関連キーワード天の川天の河原海豚座髪座暁天の星麒麟座琴座四天の座竜座天の岩船

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone