コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

くも合戦大会

1件 の用語解説(くも合戦大会の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

くも合戦大会

文禄・慶長の役で朝鮮半島に出陣した島津義弘が兵士を元気づけるため、コガネグモのメスを集めて戦わせたのが始まりとされる。義弘の城下町だった加治木町で受け継がれ、96年に国選択無形民俗文化財に指定された。町くも合戦保存会の主催で、容姿を競う優良ぐもの部、合戦の部、王将戦の部がある。毎年、県外を含め150人前後が出場する。

(2006-06-16 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くも合戦大会の関連キーワード慶長の役文禄の役豊臣秀吉の朝鮮出兵大石荒河介垣見家純島津忠直島津久豊(2)島津久元田原友助星山仲次

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

くも合戦大会の関連情報