くりっく365(読み)くりっくさっっびゃくろくじゅうご

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

くりっく365

2005年より東京金融先物取引所に開設された外国為替証拠金取引市場のこと。取引所為替証拠金取引とは自己資金が少なくても証拠金を提出することで大きな金額で為替取引ができる、為替における先物取引である。金融緩和の中で1998年に解禁され、200社以上が業者として加入したが、取引に対する規制がなかったために詐欺まがいの投資家勧誘が行なわれ、社会問題となった。結果、金融先物取引法の対象も規制の下におかれることになり、それに並行して、透明な取引の場として「くりっく365」が開設されることになった。現在、市場と投資家の取引を結ぶ取次ぎ事業者として7社が参加している。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android