コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こうもり傘(蝙蝠傘) こうもりがさ

1件 の用語解説(こうもり傘(蝙蝠傘)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうもりがさ【こうもり傘(蝙蝠傘)】

金属の骨に布を張った傘。開いた形がコウモリの飛ぶ姿に似ているので,明治初年にこの名がついた。竹の骨に紙を張った従来のものと区別するため,西洋傘,洋傘とも呼ばれた。日本にはじめて伝えられたのは1859年(安政6)で,イギリスの商人が持ちこんだといわれ,慶応(1865‐68)のころには外国商人が売り出すようになり,武士の間に使う者があらわれた。しかし,攘夷論者には目のかたきにされ,生命を落とした人もあるという話が《福翁自伝》に出ている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

こうもり傘(蝙蝠傘)の関連キーワード鉱滓翼手類印褥蝙蝠扇蝙蝠羽織蝙蝠傘鈴を張ったよう洋傘和傘張物

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone