コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こうもり傘(蝙蝠傘) こうもりがさ

世界大百科事典 第2版の解説

こうもりがさ【こうもり傘(蝙蝠傘)】

金属のに布を張った傘。開いた形がコウモリの飛ぶ姿に似ているので,明治初年にこの名がついた。竹の骨に紙を張った従来のものと区別するため,西洋傘,洋傘とも呼ばれた。日本にはじめて伝えられたのは1859年(安政6)で,イギリスの商人が持ちこんだといわれ,慶応(1865‐68)のころには外国商人が売り出すようになり,武士の間に使う者があらわれた。しかし,攘夷論者には目のかたきにされ,生命を落とした人もあるという話が《福翁自伝》に出ている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android