コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こぎつね座(小狐座) こぎつねざVulpecula

1件 の用語解説(こぎつね座(小狐座)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こぎつねざ【こぎつね座(小狐座) Vulpecula】

略号はVul。はくちょう座の南,初秋の空の天の川のただ中にある小星座。17世紀にJ.ヘベリウスが創設した。輝星はない。微光天体M27は距離720光年にあり,亜鈴星雲呼ばれる惑星状星雲で,中心星から四方へ散出するガスが丸く取り巻いて輝いている。概略位置は赤経20h10m,赤緯+25゜。午後8時の南中は9月下旬である。【石田 五郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone