コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こぎつね座(小狐座) こぎつねざVulpecula

世界大百科事典 第2版の解説

こぎつねざ【こぎつね座(小狐座) Vulpecula】

略号はVul。はくちょう座の南,初秋の空の天の川のただ中にある小星座。17世紀にJ.ヘベリウスが創設した。輝星はない。微光天体M27は距離720光年にあり,亜鈴星雲と呼ばれる惑星状星雲で,中心星から四方へ散出するガスが丸く取り巻いて輝いている。概略位置は赤経20h10m,赤緯+25゜。午後8時の南中は9月下旬である。【石田 五郎

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android