こくさくのきよう

精選版 日本国語大辞典の解説

こくさく【告朔】 の=餼羊(きよう)[=羊(ひつじ)

(告朔の儀式に、祖廟に供えるいけにえの羊の意。魯の国で、告朔の儀式がすたれ、羊を供える形式だけが残っていたので、子貢が餼羊をやめるべきだといった時、孔子が儀礼の記憶だけでもとどめたいとして反対した「論語‐八佾」の故事から) 虚礼であっても害がなければこれを廃止すべきではないとのたとえ。また、実を失って形式ばかり残っていることのたとえ。
※業鏡台(1394‐1428頃)送万年蔵主帰関西連句詩序「衆寮僧堂云者。其猶魯之告朔餼羊

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android