こぐま座(小熊座)(読み)こぐまざ(英語表記)Ursa Minor

翻訳|Ursa Minor

世界大百科事典 第2版の解説

こぐまざ【こぐま座(小熊座) Ursa Minor】

略号はUMi。北極星を含む北天の星座ギリシア神話では大神ゼウスとカリストとの間に生まれた猟師アルカスの変身譚に由来し,母(おおぐま座)とともにになった姿を表している。α星は光度+2.0等,スペクトル型F7の超巨星で,周期29.6年の分光連星である。この星は現在天球の日周運動の極から51分しか離れていないので,つねに北の方角に見え,北極星の名がある。しかし歳差現象により天の北極はしだいにこの星から離れていく。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android