ことわざ(諺)(読み)ことわざ

世界大百科事典 第2版の解説

ことわざ【ことわざ(諺)】

民間において口頭で伝承されてきた定型的な言語表現の一つで,俚諺(りげん),俗諺ともいう。諺は本来〈言(こと)の技(わざ)〉の意味で,広く言語の技芸をさし,短い言葉で人を攻撃する言語の武器ともされていた。とくに諺は寸言であっても大きな教育的効果を有していた。巧みな諺で批評され,多勢のなかで自分一人が笑えぬ立場にたつことは,人並みを重んじた以前の村落社会では最も恥とされたのである。しかし,今日では諺は理屈をこえた巧みなたとえとして特別な効果をもつものに限定されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のことわざ(諺)の言及

【謡諺】より

…謡言とも書く。中国において,謡とは,厳密に言えば楽器に合わせないで肉声に節をつけた短い歌であり,諺とは里俗の間の言い伝え,雑歌を意味し,ともに韻語であるが,広い意味で謡諺とは,ことわざを指す。ただし,民間で口誦された韻語で,古典から引用した故事,熟語とは本来異なったものである。…

※「ことわざ(諺)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android