ごみ発電(廃棄物発電)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ごみ発電(廃棄物発電)

ごみを燃やした熱で発電する。利点は(1)焼却するごみが熱源なので追加して発生する二酸化炭素が少ない(2)新エネルギーの中では安定的(3)需要のある所に分散して作れるため送電ロスが少ない。ガス発電併用のスーパーごみ発電は群馬県千葉市堺市北九州市にできている。

(2012-02-08 朝日新聞 夕刊 環境)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android