コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ごみ発電(廃棄物発電)

1件 の用語解説(ごみ発電(廃棄物発電)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ごみ発電(廃棄物発電)

ごみを燃やした熱で発電する。利点は(1)焼却するごみが熱源なので追加して発生する二酸化炭素が少ない(2)新エネルギーの中では安定的(3)需要のある所に分散して作れるため送電のロスが少ない。ガス発電併用のスーパーごみ発電は群馬県、千葉市、堺市、北九州市にできている。

(2012-02-08 朝日新聞 夕刊 環境)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごみ発電(廃棄物発電)の関連キーワード海洋温度差発電自家発電コジェネレーションコンバインドサイクル発電ごみ発電ダム式発電燃え種酸素切断修羅を燃やす木質バイオマス発電

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone