コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さくら保険金事件

1件 の用語解説(さくら保険金事件の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

さくら保険金事件

喜連川町(現さくら市)で03年1月に貸家兼物置に放火し、火災保険金約605万円をだまし取ったとして、昨年6〜7月、車修理販売会社の小林広社長(当時58)ら5人が逮捕。同7月には社長ら3人が、9千万円の保険金を掛けて自殺を装い、社長の妻はるみさん(当時41)を同2月に殺害した容疑で逮捕された。社長はすべての容疑を否認したまま同8月に自殺したが、共犯者の裁判の判決で首謀者と認定された。04年2月には、社長の次男善輝君(当時7)が自宅から転落死し、8千万円の生命保険金が社長に支払われており、県警は保険金殺人事件の可能性もあるとみて捜査を続けている。

(2008-03-07 朝日新聞 朝刊 栃木全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さくら保険金事件の関連キーワード喜連川昭氏喜連川氏連喜連川氏春喜連川茂氏喜連川尊信喜連川彭氏喜連川縄氏喜連川煕氏喜連川恵氏喜連川宜氏

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone