さくら木

美術人名辞典の解説

さくら木

京都島原わちがひ屋の遊女。能勢春臣に師事。大田垣蓮月と交遊があり、よく蓮月の岡崎の居において祇園の上田ちか子・さくら木と三人の歌会を催した。和歌を能くする。幕末頃の人。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

さくら木の関連情報