コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ささき ふさ

2件 の用語解説(ささき ふさの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ささき ふさ

1897-1949 大正-昭和時代の小説家。
明治30年12月6日生まれ。青山学院在学中に日本基督(キリスト)教婦人矯風会にくわわる。大正14年佐佐木茂索(のち文芸春秋新社社長)と結婚。新興芸術派の作家として知られた。昭和24年10月4日死去。53歳。東京出身。旧姓は長岡。本名は佐佐木房子。作品に「おばあさん」,短編集「豹の部屋」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

20世紀日本人名事典の解説

ささき ふさ
ササキ フサ

大正・昭和期の小説家



生年
明治30(1897)年12月6日

没年
昭和24(1949)年10月4日

出生地
東京

本名
佐佐木 房子

旧姓(旧名)
大橋

学歴〔年〕
青山学院英文科〔大正8年〕卒

経歴
大正元年受洗。8年聖書を児童向けに書き下ろした「イスラエル物語」を処女出版。次いで「葡萄の花」「断髪」を大橋房の名で出版。12年第9回万国婦人参政権大会出席のため渡欧、14年芥川龍之介の媒酌で佐々木茂索と結婚。15年「ある対位」、昭和3年「女人芸術」に参加、「遠近」「ある日の出来事」「思ひ合はす」などを発表、5年には短編集「豹の部屋」を刊行。16年満州、北支旅行、18年伊東市へ疎開。戦後「おばあさん」「ゆがんだ格子」など。没後「ささきふさ作品集」が出された。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ささき ふさの関連キーワード中河与一川崎長太郎桜田常久伊藤人誉大泉黒石近藤経一寺崎浩寺本忠雄納言恭平山田キク

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone