コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さもしい サモシイ

デジタル大辞泉の解説

さもし・い

[形][文]さも・し[シク]
品性が下劣なさま。心根が卑しい。意地汚い。「―・い行為」「―・い根性」
見苦しい。みすぼらしい。
「めでたい市の始めに、何とあの様な―・い牛が一の杭につながるるものでござるぞ」〈虎寛狂・牛馬
[補説]托鉢(たくはつ)の沙門(さもん)のみすぼらしいようすをいう「さもんしい」の変化した語という。
[派生]さもしげ[形動]さもしさ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

さもしいの関連キーワード卑しい・賤しい・賎しい卑しむ・賤しむ・賎しむ奢る者は心嘗に貧し定額給付金気が触れるみちれない候べく候浅ましい卑しいさもし真情者じゃ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

さもしいの関連情報