コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さんさ踊 さんさおどり

1件 の用語解説(さんさ踊の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さんさおどり【さんさ踊】

岩手県盛岡市,岩手郡,紫波郡などで,主として盆に,太鼓を先頭にはなやかな仕度の男女が輪をつくり,笛と歌に合わせ速いテンポで踊る激しいなかにも優雅な味わいを持つ踊り。名称は,歌詞の終りの〈サンサエー〉というはやしことばによるが,〈そそぎ踊〉ともいう。《鄙廼一曲(ひなのひとふし)》(1809)に〈南部沢内のさんさ踊〉の歌詞がみえる。演目は,《五拍子》《キイキイカッコ》《七夕くずし》《神楽くずし》《長者の山》《田植くずし》《礼踊》などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

さんさ踊の関連キーワード岩手山雫石川渋民繋温泉盛岡大学盛岡城岩手盛岡市動物公園石神の丘

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

さんさ踊の関連情報