さんディーえいぞう(英語表記)三D映像

大辞林 第三版の解説

さんディーえいぞう【三D映像】

立体写真、立体映画などにおける映像。通常、左右の目それぞれに相当する二台のカメラで撮影された映像を、左右の目にそれぞれ別々に与えるような方法を用いて実体験と同じような奥行き感・立体感を得る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android