コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ざんす ザンス

デジタル大辞泉の解説

ざんす[助動]

[助動][ざんせ|ざんし|ざんす|ざんす|ざんすれ|○]体言および体言に準ずる語に付く。「だ」「である」の意の丁寧語。…でございます。…です。
「(牛肉ヲ)生(なま)でたべるのざんすから」〈魯文安愚楽鍋
[補説]洒落本「傾城觽(けいせいけい)」松丁玉扇四家言語解・丁子屋言に「何ざんすか。なんでござんすかといふ事也。での字とごの字を略していふ」とあるように、江戸吉原の丁子屋から広まったという。現代でも、上品ぶった女性の表現に用いられることがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ざんす

( 動サ特活 )
〔江戸の遊里語〕
「ある」の意の丁寧語。あります。ございます。 「おめへさんにつかはれるものはだれも-・せん/洒落本・契情買言告鳥」
(補助動詞) 形容詞の連用形(音便の形)、断定の助動詞「だ」の連用形「で」に付く。補助動詞「ある」の丁寧語。であります。でございます。 「まあうそにもうれしう-・す/洒落本・傾城買四十八手」 「あばただらけのぢぢいづらで-・す/洒落本・滑稽吉原談語」 〔活用は助動詞「ざんす」に同じ〕

ざんす

( 助動 ) ( ざんせ ・ざんし ・ざんす ・ざんす ・ざんすれ ・○ )
〔江戸の遊里語〕
体言およびそれに準ずる語に付く。「だ」の意の丁寧語。です。でございます。 「ごしやうざんす、よしてもおくんなんしえ/洒落本・遊僊窟烟之花」 「うそはきついきらいざんす/洒落本・契情買言告鳥」 「なんざんすとえ。ちつともきこえんせん/洒落本・傾城買四十八手」 〔はじめ吉原の妓楼丁字屋の使用語であったが、のち広く遊里語として用いられるようになったという〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ざんすの関連キーワード岐阜市の出張費不正請求問題廓ことば(さとことば)仁義(博徒・香具師)不正アクセス禁止法傾城買四十八手マニピュレートrootkit木枯し紋次郎壇鼓太郎ところに補助動詞多 忠修トニー谷里ことばおぜんすごあんすごわんす辰巳言葉おだんすだんす