コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しし座流星群(獅子座流星群) ししざりゅうせいぐんLeonids

世界大百科事典 第2版の解説

ししざりゅうせいぐん【しし座流星群(獅子座流星群) Leonids】

11月16日ころを中心に出現し,年によって流星の出現数が大きく変わる流星群。約33年ごとに大出現をすることが多い。1799年,1833年の大流星雨は歴史に残るもので,毎時1万個以上の流星が見られたという。1965年は日本で,66年はアメリカで相当な出現を見た。明るい流星が多く,末端でしばしば爆発をする。放射点はしし座で赤経150゜,赤緯+22゜。母すい星はテンペル‐タットルすい星。【長沢 工】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android