コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しゃりしゃり シャリシャリ

デジタル大辞泉の解説

しゃり‐しゃり

[副](スル)固くて薄いものが触れ合って立てる音を表す語。また、固くて薄いものをかみくだいたり、連続的に切ったりする際の感触を表す語。「しゃりしゃり(と)して歯ざわりのいい漬物」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃりしゃり

( 副 ) スル
細かい物が触れ合う音、硬くて薄っぺらな物がくだける音。また、そのような感触を表す語。 「 -(と)した歯ざわり」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

しゃりしゃりの関連キーワード鮸膠もしゃしゃりも無いもやし

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しゃりしゃりの関連情報