しょうぜん

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐ぜん【松

〘名〙 松の生えている、廟や宮殿などの内牆と外垣との間の空地。また、その中にある殿社。
※新撰朗詠(12C前)下「土冝酒熟して秋の竹を酌む、松(セン)嵐寒うして夜の琴を聞く〈大江朝綱〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しょうぜんの関連情報