コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しり(尻∥臀) しりhip

翻訳|hip

世界大百科事典 第2版の解説

しり【しり(尻∥臀) hip】

四足動物において,後肢の付け根より後方にあって肛門を中心とする部域を漠然と指すことばだが,主として四足歩行性哺乳類に対して用いられる。ヒトでは背中の下部の膨らんだ部分で,日本式に正座すると〈かかと〉がつき,いすに座るとその座面にあたるところである。解剖学では〈臀部でんぶ)〉といい,上は弓形に走る腸骨稜(腸骨の上のへり)によって腰部と境され,下は大腿との間を水平に走る〈臀溝〉という溝で境されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

しり(尻∥臀)の関連キーワード四足動物

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android