コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しり(尻∥臀) しり hip

翻訳|hip

1件 の用語解説(しり(尻∥臀)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しり【しり(尻∥臀) hip】

四足動物において,後肢の付け根より後方にあって肛門を中心とする部域を漠然と指すことばだが,主として四足歩行性哺乳類に対して用いられる。ヒトでは背中の下部の膨らんだ部分で,日本式に正座すると〈かかと〉がつき,いすに座るとその座面にあたるところである。解剖学では〈臀部(でんぶ)〉といい,上は弓形に走る腸骨稜(腸骨の上のへり)によって腰部と境され,下は大腿との間を水平に走る〈臀溝〉という溝で境されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

しり(尻∥臀)の関連キーワード顔面角鳥類入母屋後肢四肢四足肢帯匂い付けパッシング歩様 (passing gait)手前後肢 (leading hindlimb(LdH))

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone