コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しんケーエスこう 新KS鋼

大辞林 第三版の解説

しんケーエスこう【新KS鋼】

コバルト・ニッケル・チタンを含む鉄合金。保磁力が KS 鋼に比べて非常に大きい。1933年(昭和8)本多光太郎らが発明。小型の永久磁石の材料。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

しんケーエスこうの関連キーワード本多光太郎永久磁石保磁力

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android