コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

じゃみ ジャミ

デジタル大辞泉の解説

じゃ‐み

《動詞「じゃみる」の連用形から。途中でだめになること、また、くず物の意》ヘラブナ釣りで、目的外の餌をつつく小魚をいう。「じゃみがうるさい」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゃみ

〔動詞「じゃみる」の名詞化〕
事が途中でだめになること。おじゃん。
釣りで、外道にあたる小さい魚。雑魚ざこ
小さいもの。若いもの。 「いい年をして傾城の-をこふ/柳多留 30

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

じゃみの関連キーワード義太夫節の大夫と三味線ソルミゼーション乞食(こつじき)アージービカ派八文字屋自笑八文字自笑八文字屋本有力な方言役者評判記浮世草子江島其磧口三味線立三味線富本節海神祭三味線評判記ウムイ柳多留童神

じゃみの関連情報