コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

じゃりじゃり ジャリジャリ

2件 の用語解説(じゃりじゃりの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゃり‐じゃり

[副](スル) 細かくかたい粒状のものがきしる音、また、手ざわり・舌ざわりのざらざらした感じを表す語。「船底がじゃりじゃり(と)小石をかむ」「あごをなでると、不精ひげがじゃりじゃり(と)する」
[形動][文][ナリ]細かくかたい粒状のものに触れて、荒く感じるさま。「砂で口の中がじゃりじゃりだ」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じゃりじゃり

[0] ( 形動 )
砂利・砂などに触れたり、嚙んだりした時の感触を表す語。 「口の中が砂で-だ」 「家中砂ぼこりで-になった」
[1] ( 副 ) スル
砂利・砂などが触れ合う音、また、ざらざらしたものをさわった感触を表す語。 「靴底で砂が-(と)いう」 「ひげが-(と)する」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じゃりじゃりの関連キーワード土性ヘリウムボラン一・壱・壹逸・一・佚・溢・逸一再硬鋼HAWAII FIVE-0不変系一本木

じゃりじゃりの関連情報