コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

じゃんけんロボット じゃんけんろぼっと Janken(rock-paper-scissors) Robot with 100% winning rate

1件 の用語解説(じゃんけんロボットの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

じゃんけんロボット

東京大学大学院情報理工学系研究科の石川正俊教授及び研究室のメンバーが製作したロボット。正式名称は「勝率100%のじゃんけんロボット」。同教授は1000分の1秒でカメラに映った物体を識別する高速画像処理を研究していて、じゃんけんロボットはその研究成果である。ロボットはじゃんけんのをする際、相手の手の形を瞬時に把握し、1000の1秒だけ後出しするため、必ず勝つ。人間の目はその時間差を認識できないため、後出しされたことも分からない。人工知能(AI)技術の進歩のたまものである。石川研究室が、じゃんけんロボットが人間を相手にじゃんけんに勝つ映像を動画サイトYoutubeに2012年6月に公開したところ、3カ月強を経過した10月初旬時点で、国内外から339万ものアクセスがあり、海外メディアでも紹介されるなど、注目が集まっている。

(2012-10-09)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じゃんけんロボットの関連キーワード京都情報大学院大学工学院大学総合研究大学院大学東京理科大学奈良先端科学技術大学院大学徳仁東京海洋大学台湾大学東京大学医科学研究所

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone