コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

じょうぎ座 じょうぎざNorma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

じょうぎ座
じょうぎざ
Norma

定規座。 1752年に N.ラカイユが新設した南天の小星座さそり座の南にあり,概略位置は赤経 16時,赤緯-50°で,7月中旬の宵に南中する。4等星以下の暗い星ばかりで目立たない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

じょうぎ座
じょうぎざ / 定規座

おおかみ座とさいだん座の間に挟まれ、さそり座の南に接する小星座。初夏の宵の真南の地平線上に北半分が姿を現す。沖縄付近まで南下すれば、その全景を見ることができるが、目をひく明るい星はない。18世紀のフランスの天文学者ラカイユが、1763年に刊行された遺著のなかで発表した新しい星座で、この『南天星図』のなかには曲尺(かねじゃく)(直角定規)と直定規の絵が描かれている。[藤井 旭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

じょうぎ座の関連キーワード定規座藤井