コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

じん肺被害

1件 の用語解説(じん肺被害の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

じん肺被害

大量の粉じんを吸い込むことで肺の組織が硬くなり、酸素を取り込む機能が低下する。完治させる治療法はなく、症状が重いと死に至る恐れがある。高度経済成長期の50年代以降にトンネル工事や炭鉱で作業した人の多くが発症。採石場やアスベスト(石綿)を扱う現場でも被害が報告されている。粉じんにさらされてから発症まで長い場合では30年以上かかると言われ、患者は今も増え続けている。

(2007-06-13 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じん肺被害の関連キーワード吸気吸塵啜る肺空洞吸込み吸込み管吸込み弁石綿肺トンネルじん肺訴訟石炭じん肺

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

じん肺被害の関連情報