コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

じん肺診断

1件 の用語解説(じん肺診断の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

じん肺診断

じん肺は、吸い込んだ粉じん、炭じんが沈着して肺が硬くなり、息切れ呼吸困難などになる。じん肺法では、X線画像に現れる影の大きさと肺機能障害の有無を診断基準として、じん肺に4段階の管理区分を設けている。最も重症の管理4と、続発性気管支炎などの合併症を伴う管理2~3は療養が必要とされ、休業補償の対象となる。同法は加害企業の賠償責任を定めた法律ではないが、これまでの判決では、患者への賠償額の算定の根拠にこの管理区分が用いられ、要療養の患者に1400万~2300万円、合併症のない管理2~3の患者には900万~1400万円の支払いが命じられている。

(2008-11-23 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じん肺診断の関連キーワードホイジンガじん肺吸気吸塵エンジンが掛かるプロトジン片岩じん肺被害トンネルじん肺訴訟石炭じん肺じん肺と合併症

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone