コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すきまゲージ(隙間ゲージ) すきまゲージ feeler gauges

1件 の用語解説(すきまゲージ(隙間ゲージ)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

すきまゲージ【すきまゲージ(隙間ゲージ) feeler gauges】

すきまゲージは,すきまに厚さのわかっている鋼薄片を挿入してすきまの間隔を求めるためのゲージで,フィーラーゲージともいう。一般に,厚さ0.03mmから3mmまでのリーフ呼ばれるすきまゲージを,10~25枚を1組とした組合せすきまゲージが用いられている。リーフの幅は12.5mm,長さは75,100,150,200,300mmの5種。【沢辺 雅二】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

すきまゲージ(隙間ゲージ)の関連キーワードニッチ産業透き影スキマー隙間風隙間ゲージ隙間嵌めすまに暇暇矢衾恋川好町

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone