コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すきまゲージ(隙間ゲージ) すきまゲージfeeler gauges

世界大百科事典 第2版の解説

すきまゲージ【すきまゲージ(隙間ゲージ) feeler gauges】

すきまゲージは,すきまに厚さのわかっている鋼薄片を挿入してすきまの間隔を求めるためのゲージで,フィーラーゲージともいう。一般に,厚さ0.03mmから3mmまでのリーフと呼ばれるすきまゲージを,10~25枚を1組とした組合せすきまゲージが用いられている。リーフの幅は12.5mm,長さは75,100,150,200,300mmの5種。【沢辺 雅二】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

すきまゲージ(隙間ゲージ)の関連キーワードすきまゲージ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android