コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すごうテックの産廃最終処分場建設計画

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

すごうテックの産廃最終処分場建設計画

昨年12月、約4万3600平方メートル、容量77万1立方メートルの規模で県に事業計画書が提出され、県が審査を進めている。廃プラスチック類、木くず、繊維くず、金属くず、汚泥、鉱さいなど12品目を処理する計画だ。産廃処理施設設置の事前手続きを定めた県条例の適用第1号。条例では、事業計画書と周知計画書の審査を終えた後に、業者による事業計画などの広告・縦覧や説明会、生活環境影響調査の実施、合意形成などの手続きを定めている。一連の手続きに3年程度かかるとみられている。地元住民らは、県庁前でのデモ行進や署名運動などの反対運動を展開。飛騨市は2月と4月、条例に基づく県からの意見照会に「住民の生活環境上の影響に対して大きな懸念」を表明。「問題がないという合理的根拠を詳細、かつ明快に示す」ことを求めた。飛騨市議会も2月に反対を決議。今月、反対の意見書を知事あてに提出した。

(2014-07-12 朝日新聞 朝刊 岐阜全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

すごうテックの産廃最終処分場建設計画の関連キーワード高額療養費支給制度火力発電キロワット時シッキムフットロッカーグローバルコンパクト環境エネルギー問題(中国の)政府管掌健康保険政管健保

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android