コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すごうテックの産廃最終処分場建設計画

1件 の用語解説(すごうテックの産廃最終処分場建設計画の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

すごうテックの産廃最終処分場建設計画

昨年12月、約4万3600平方メートル、容量77万1立方メートルの規模で県に事業計画書が提出され、県が審査を進めている。廃プラスチック類、木くず、繊維くず、金属くず、汚泥、鉱さいなど12品目を処理する計画だ。産廃処理施設設置の事前手続きを定めた県条例の適用第1号。条例では、事業計画書と周知計画書の審査を終えた後に、業者による事業計画などの広告・縦覧や説明会、生活環境影響調査の実施、合意形成などの手続きを定めている。一連の手続きに3年程度かかるとみられている。地元住民らは、県庁前でのデモ行進署名運動などの反対運動を展開。飛騨市は2月と4月、条例に基づく県からの意見照会に「住民の生活環境上の影響に対して大きな懸念」を表明。「問題がないという合理的根拠を詳細、かつ明快に示す」ことを求めた。飛騨市議会も2月に反対を決議。今月、反対の意見書を知事あてに提出した。

(2014-07-12 朝日新聞 朝刊 岐阜全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すごうテックの産廃最終処分場建設計画の関連キーワード立方メートルパシフィコ横浜平方メートルそごう呉店那須ガーデンアウトレット名古屋市の地下街坂本地区の大陥没新県立博物館徳山駅周辺整備事業道の駅 たかの

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

すごうテックの産廃最終処分場建設計画の関連情報