コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すずめ踊り

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

すずめ踊り

1603(慶長8)年、仙台城新築移転の儀式の宴席で、今の堺市から来ていた石工らが即興で踊ったのが始まりとされる。扇子を翼に見立てて羽ばたいたり、跳びはねたりするしぐさが特徴。毎年5月の「仙台・青葉まつり」などで披露されてきた。今年は震災の影響で中止になったが、6月に復興を祈願したすずめ踊りを開催。宮城県内の被災地では復興を願う様々なイベントで「郷土愛シンボル」として踊られている。

(2011-12-09 朝日新聞 朝刊 ちば首都圏 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

すずめ踊りの関連キーワード民家

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

すずめ踊りの関連情報