コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すみだ北斎美術館

1件 の用語解説(すみだ北斎美術館の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

すみだ北斎美術館

現在の墨田区出身の葛飾北斎(1760~1849)の作品の収集、保存、展示、調査研究などを行う。外壁には鏡面のアルミパネルを使用し、見る角度によって外観が変わる建物は地上4階・地下1階で、延べ床面積約3300平方メートル。1988年に構想が持ち上がったが、バブル崩壊後の区財政の悪化で90年代前半に事業化は凍結。07年に整備計画がまとまり、建設に向けて動き出した。

(2013-10-03 朝日新聞 朝刊 東京東部 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すみだ北斎美術館の関連キーワード葛飾北洋北斎東京都墨田区墨田葛飾北雲葛飾北鵞葛飾北秀葛飾北周葛飾北岱葛飾北明葛飾北目

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

すみだ北斎美術館の関連情報