コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すみつけ祭り

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

すみつけ祭り

正式名称は「山上がり祭り」。鉱山守り神「山ん神」に安全を祈願するため、安土桃山期に始まったとされ、旧暦の正月11日に行われてきた。顔にを塗るのは、落盤事故で助かった女性の顔がすすで真っ黒だったことから、安全を願って墨をつけるようになったという説がある。62年に鉱山が閉山状態となったため一時中断したが、75年に復活し、以降は2年に1度、2月に開催されてきた。

(2007-01-19 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

すみつけ祭りの関連キーワード玉村(町)

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

すみつけ祭りの関連情報