コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たう たう

大辞林 第三版の解説

たう

( 動四 )
〔「たまふ」または「たぶ」からの転〕
補助動詞として用いられる。「たまう(給)」に同じ。「たまう」よりぞんざいな言い方。 「抑わ殿を鼓判官といふは、万の人に打たれ-・うか張られ-・うか/平家 8」 〔鎌倉時代の武士詞〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

たうの関連キーワード花空木・花卯木入広瀬〈村〉湯之谷〈村〉堀之内〈町〉見たむない小出〈町〉削げ・殺げ広神〈村〉熱帯降雨林歯牙充填法田植の神事うろうろ舟全うする平ら一面補助動詞一夜検校ともない腰折れ歌鬱陶しい熱帯雨林

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

たうの関連情報